「没だけど他社には持って行かないで」漫画家の外薗昌也先生が暴く出版社のえぐい現実。
出版社から提出したネームの返答が来ない時はポシャったと分かる
しょうがないから他社に持って行こうとするとイヤがられる
でも自社で載せる気はない、かと言って他社でヒットされたら面白くないしメンツ丸潰れらしい
そんなこんなで死んでしまったネーム地層の上で漫画業界は成り立っている pic.twitter.com/CQ6rTzA9Th

@hokazonomasaya 自分の見る目がなかった、と同僚に言われるのが嫌か。そうか……。
@hokazonomasaya @kitchomP 過去に他社で大ヒットってあったからねぇ。発掘されて担当誰だって大騒ぎって、、、それが嫌なんでしょうね
@hokazonomasaya 進撃の巨人が最初ジャンプに持ち込まれて拒否されたエピソードは有名ですが、対してこれは新規持ち込み以外の、既に関係のある出版社/編集との話でしょうか。
「他社に持って行こうとするとイヤがられる」というのは具体的にどのような事をされるのか興味があります。
@hokazonomasaya ちなみに音楽業界もこうなってて、「コンペたのむ!(でもギャラは最初に掲示しない!他社への提供禁止!保留期間〇〇年!)」とかザラにありまっせ
@hokazonomasaya 死蔵されたネーム達が化石化してるのですね。たまに程度の良い化石が発掘されたりするのですね。
@Mpochicrown 化石になってたらラッキーな方です
殆どが化石燃料になり燃やされて終わりです
@hokazonomasaya 他所で出してヒットしたら担当者が上から「何でアレ採用しなかったんだ!」と怒られるから、動き止めますよね。
@nyaanyaa56 ボツったネーム……時間経ってから他所で出して売れちゃったことありました、
あの編集様はどうなってしまったのか……
遠い目
@hokazonomasaya 👼チ~ン♪
担当者とボツネームが
入れ替わってる!😲
他社では仕事しないでね、うちだけで仕事してね、
と無責任なことを堂々と発言する編集様は注意しよう、
切る時は躊躇なく切られて投げ捨てられる、
イラン( -.-)ノ ・゜゜・。ポイッ
いつまでもあると思うな
親と編集部
@umeon2010 ネットの普及で出版社も青息吐息、以前のような威圧感は無くなりました、いい時代になりましたよ、( ´ ▽ ` )ノ

これはえげつない話だな。採用されない他に出せないじゃ全くの無駄になっちゃうじゃん。😰😰
まあ規制する根拠はないから、実際は持ち込んじゃうんだろうけど。嫌味とかありそうだねー。😥
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み
「マンガ」の関連記事
オススメ記事