「信長の忍び」監督の大地丙太郎さん、アナログアニメ撮影の苦労を語る。水島精二監督とのマニアックなやりとりも。
ドラえもん絵描き歌の撮影は俺がやりました。終わらなくて飯も食わず泣きながら消し込み…という技法をやってました…。まーるかいてちょん… https://t.co/73t0IQ2rdo
消し込み…って言うのは、完成された絵をフィルム逆回しにして一コマづつ絵を削って行く技法です。今のデジタルではまったく苦労はなく出来ますよね〜。
当時は汗だくですよ。
一枚のセルに描かれたドラえもんの完成線画を歌に合わせて線が現れる訳だから逆算して消していく。計算間違ったら…

@akitaroh 「削る」って、物理的な意味でですか!😳描いていくんじゃなくて、完成してるのを消していたんですね…
@msmn 物理的に。絵面は棟方志功さんですよ。https://t.co/aBL5sdqFKs
歌と合わなくなっちゃう。6月6日にUFOが…の歌詞に右手と左手を順番間違えてごらんなさいよあーた(^^;; アタマからやり直しです。セルには表面に描かれた線画。普通は裏から塗りますけど、セル用彩色絵の具に削りやすいようにポスターカラーを調合させてました。その線を竹べらで1㎜削って
シャッター一コマ撮影、また1㎜削ってシャッター一コマ…。飯食えんですよ。そして、ひとりで慎重にやらんといけないです。アシスタントの付きようもないから。忘れられないツラい撮影でありました(^^;;
セル画はアニメーターさんが描きますからね、撮影でミスったら、またアニメーターさん…というよりこの場合絵の具なぞり画きした仕上げさんに謝ってもう一度描いてもらうことになる。そんなことは出来ない…というプレッシャーが一番すごかったかな…。何度も言いますがデジタルでは苦労ないです。
ドラえもんの消し込みをやっていた頃の僕です。
可愛いですね。
でもモテませんでした。 pic.twitter.com/i0m0r0izgo

きゃー懐かしい風景!これ1号機でしたっけ? https://t.co/vML60jaNzA
わはは。ようわかったなあ。一号機だよ(^^) https://t.co/s32y3p758h
小松さんの助手で何度か入りました!僕は6号機で角原さんの助手が多かった記憶が……\(^o^)/ https://t.co/mj5MEWKPfP
@oichanmusi 思い出し始めたらかなり曖昧だったわ… pic.twitter.com/PTpqBxORsh
@oichanmusi 確か6号機までだったはずだから「?」のところは何号機だったのかな?
その辺をずっと思い出しでいたのだけど、6号機って1号機に並んでいたっけ?
あ、違うかな? https://t.co/45xrw7q7Qi
@akitaroh そうです!隣が6号機です!
返事遅くなりすいません!僕の在籍時は1と6が逆で2の位置に7があり、2がその背側にあり、2は使用してなかったです!7は線撮専用機でした! https://t.co/VFiVxu9U0L
物理的に削るって失敗できないじゃん! 体力的にも精神的にもキツそうだ。 😱 😱
苦労が偲ばれるね。水島監督とのマニアックなやりとりも面白いね。👍
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み
「アニメ」の関連記事
オススメ記事